ホーム > メンタル > スピーチをする場合

スピーチをする場合

スピーチをする場合、色々と例をあげて説明することも多いと思います。
できるだけ、専門的な内容でもみなさんが話題についてこれるような
身近な所に切り口を合わせてスピーチするのも手です。
そしてその内容がわかりやすいかどうか、一度身近な人に聞いてもらうといいでしょう。
家族や友達、正直にこんな感じでたとえ話をしたいけどどう?
といった具体的な練習を何度かするといいと思います。
聞いてもらう人がいないときには、自分で紙に書いてみて、
声を出して読み、意味が通じるかどうかを見てみましょう。
相手との練習会話の中で、相手の反応を見て
理解されにくいと思われたところは、どうしたらうまく伝わるか?
わかりやすく伝わるかということを考え直す機会にもなります。
会話を普通のスピーチ練習として持ってくることもできます。
普段の会話で相手に「こういう意味だけど、伝わった?」と確認するような
癖をつけておくといいでしょう。