ホーム > 現金化 > 本人確認とカードがあれば行えるクレジットカード現金化について

本人確認とカードがあれば行えるクレジットカード現金化について

現金が必要になった場合には、カードローンや消費者金融を利用して現金を借りるという方法があります。

これらの方法は審査が厳しいので、急に現金が必要になって申し込もうとしたけれど借りれなかったいう人も多いです。

収入証明書を提出する必要があり、家族構成も伝えなければいけません。

他には、ショッピング枠で購入した商品を買取店などで売却して現金を得る方法があり、クレジットカード現金化といいます。

業者に依頼する場合には本人確認が必要です。偽造カードや盗難カードの不正利用を防ぐために、申込者と名義人が一致したカードと身分証明書が必要です。

カードローンや消費者金融からの借金とは違ってそれ以外に厳しい審査はなく、勤め先や年収や家族構成などの情報は必要ありません。

ただし、必要以上に個人情報を聞き出そうとする業者もいて、個人情報が流出する可能性があるので気を付けなければいけません。

また、審査はいりませんがカード会社に後から代金を支払うので、損をすることを理解したうえ行うことが大切です。

例えば、業者の指定する還元率が80%で購入金額が10万円の商品をショッピング枠で購入すると、業者から8万円得られます。

ただし、後でカード会社に10万円支払うことになるので、2万円借金が増えることになります。

8万円現金を得る代わりに2万円余分に支払わなければばらないというのは、消費者金融であれば法律の上限金利を超えることになります。

したがって急にお金が必要になってクレジットカード現金化を行う場合は、必要最小限で計画的に行うことが大切です。

参考までに:評判の高いネオギフト


タグ :