ホーム > 医療 > 断糖食の食べ方

断糖食の食べ方

断糖食の食べ方はとても簡単

荒木式の糖尿病改善断糖食での食べる量、順番、速さ、食べ合わせについて~

「満腹感はたんぱく質で感じる」ようです。 肉をいっぱい食べた後でも、うどんやラーメン、ケーキなど「糖分は別腹」で食べれます。糖分は、満腹中枢を外れるからです。最初のうちは満腹中枢が上手く働かないかもしれませんが、断糖食を実践するうちに「適量」を体が分かってきます。素直な気持ちで断糖食を続けましょう。断糖食の調理法のコツ ~カレー、ムニエル、シュウマイ、使用油など事例解説~ 

断糖食での調理方法の秘訣は、「工夫をする」ことです。「いかに炭水化物を使わずに料理するか」ということです。カレーを作る場合、一般的には市販のカレールーを買いますが市販のものには動物脂肪、小麦粉、砂糖、スパイスが入ってます。そこでパウダー、スパイスとしてガラムマサラ等を個別に買います。

食品パッケージを見て、砂糖や小麦粉が含まれていればそれ無しで作ることを考える、そのような「調理の工夫」が必要です。


関連記事

断糖食の食べ方
断糖食の食べ方はとても簡単 荒木式の糖尿病改善断糖食での食べる量、順番、速さ、食...
胃に良い食品を考えましょう。
逆流性食道炎の改善はなによりも、胃への負担となる食べもの飲み物を減らすことが重要...
性生活を取り巻く性病の種類と症状
昨今では性交渉の低年齢化が懸念されています。 望まぬ妊娠もそうですが、知識不足に...