ホーム > 医療 > 胃に良い食品を考えましょう。

胃に良い食品を考えましょう。

逆流性食道炎の改善はなによりも、胃への負担となる食べもの飲み物を減らすことが重要です。

そのうえで、胃に良い食品を考えましょう。

あたためた牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品は胃粘膜を保護作用が期待できます。なお、日本人は乳糖耐性が低いかたが多いので、牛乳は温めたほうがいいでしょう。

大根おろし、山芋はジアスターゼ(消化酵素)を多く含んでおり消化を助けます。

キャベツは胃粘膜を修復し胃酸を抑える働きがあります。

ヨーグルトは胃粘膜に膜を作る効果があります。特に、LG21ヨーグルト(明治)はピロリ菌減少作用も認められる特殊なヨーグルトとして有名です。

また、意外かもしれませんが、ヨーグルトは常温かそれ以上の温度で食べるのがお勧めです。

ブルガリアなどでは、もともと常温で食べますし、そのほうが発酵が進み理想的といえます。

アロエ、納豆、山芋、オクラ、モロヘイヤは粘膜を潤す効果が期待できます。

*アロエは、胃酸過多のかたにはアロエベラ、

胃アトニー系にはキダチアロエがいいでしょう。

福辻式逆食(逆流性食道炎)改善プログラムのレビュー

甘いものが食べたいとか、飲み物に砂糖をいれたい場合は、ハチミツ(純粋なもの)をお勧めします。

胃粘膜の保護作用が期待できます。

生姜、少量の梅干は体を温める作用と胃の働きを高める作用が期待できます。


関連記事

胃に良い食品を考えましょう。
逆流性食道炎の改善はなによりも、胃への負担となる食べもの飲み物を減らすことが重要...
性生活を取り巻く性病の種類と症状
昨今では性交渉の低年齢化が懸念されています。 望まぬ妊娠もそうですが、知識不足に...